若さとメンタル 口角が下がる話はしない

週末の朝の情報番組、確か日テレのシューイチだったと思うけど、で所ジョージが例の落書きの件についてインタビューを受けた時、

あのさぁ、そんな口角が下がる話、止めましょうよ〜

と言っていて、この人らしいな、って思った。と、同時にこの件って想像した以上に所さん傷ついてたのかなとも。。。

同様の落書き時件の被害者、長嶋一茂なんて結構ネタにしちゃってるのに比べて、所さんはこの話題、振られるのも嫌なのかな。。。と。

まぁ、一茂の落書きが「バカ息子」だったのに比べ、所さんの方は「死刑!」だもんな〜。ちょっと悪質だよね。それに「バカ息子」については当たらずしも遠からず、なとこあるし。

でも、これ見て思ったのは所ジョージっていつも楽しそうなのは、もちろんある程度は楽天家なんだろうけど、意識してネガティブな事は考えないようにしてるんじゃないかな・・・と。

自分が被害者の立場であっても、そういう面白くない話はしたくないっていうか。結構、自分が被害者側だと蕩々とその手の話を語ってしまう人っているけど、所さんはどんな時でも明るく楽しくなんだろうな、それって若さを保つメンタルでとても大切だと思います。

実は私の母が重症のネガティブ思考で何かといえば物事を悪い方に悪い方に解釈するのです。若い頃は色白でほっそりしてそこそこキレイだった母ですが、ある時期から一気に老けた!!同年代の女性と比べても明らかに老けている!美容師という職業柄、髪型やスキンケアに気を使い、かつては若く見えることが自慢だった母なのに・・・

ある程度、年を取ってくるとスキンケアなどよりもメンタルや健康状態の方が見た目に大きく影響すると思います。

母と同年代(78歳)でも全然、若くて活動的な方もいるのに母はいつも「あそこが痛い、ここが痒い」だの「こんな調子が悪いならいっそ死んでしまいたい」と言ったことをこぼすのですが、病院で精密検査しても特に問題ないんですよね。
そんな母に「〇〇さん(母と同年で若く元気な人)なんてあんな元気じゃん、負けちゃらんないわよ!」といったことを言おうものなら「〇〇さんは幸せだから。。。それに比べ私は不幸だ。。。あれやこれやでこんな不幸な人間はいない・・・それもこれもXXXのせい」って誰かのせいにした無限ループの不幸話が始まっちゃうんだけど、うーーん、そのくらいの不幸って世の中にゴロゴロ転がってる程度の不幸な上に責任のおおもとはアンタだけどな。

困ったことに母の母(私の祖母)もまた、超ネガティブ思考で物事を悪く悪く捉える上に被害妄想の強い人でした・・・えー!!ってことは私も???

勘弁してよっっっ!!

とにかく楽しいこと考えよう!
大好きな新宿タカノのフルーツケーキ、テンション↑↑

スポンサーリンク

シェアする

フォローする