お肌に良くない趣味を持ってしまったら?

お肌に良くない趣味・・・と言ったらやっぱりサーフィンとかでしょうかね、あと、登山とかスキーとか・・・とにかく紫外線を浴びるものでしょうね。

幸か不幸か、私はそういったものに縁がなくインドア派だったので比較的紫外線を浴びることなく人生を送ってきたのですが、昨年からカメラにハマってしまい、さぁ大変!
それまでは色白が唯一の取り柄ともいえたのに、加齢による黄ぐすみとこの紫外線のダブルパンチで私の肌は劣化の一途。

AD

カメラなんてそんなに紫外線関係無いじゃん、って思われるかもしれませんが、これがですね~、結構紫外線浴びるんですよ、写真っていうのは光が重要なので天気が良い日は公園だの屋外イベントだのにカメラ抱えて出かけていくわけだぁ~!で、良い写真をいっぱい撮りたいと思ったら紫外線が一番強い昼の時間帯が光も強く明るい写真が撮れるのです。

もちろん、日差しが強すぎて写真が白く飛んでしまうこともありますが、そこは露出やISOなんかで調整して、この試行錯誤も楽しい初心者フォトグラファー、=^-^=うふっ♪。

このようにクソ眩しい日差しのモト、写真を撮ったりするわけです、
ちなみに↓の写真は今年の10月末に日比谷公園で開催されたガーデニングショーのもの。

もちろん、日焼け止めは塗ってはいるもののダメージは免れず最近は頬骨のあたりにそばかすが出てきてこれをどうするか・・・悩みどころです。

一時期は外ではなく屋内で撮るテーブルフォトのような写真だけにしようと思ったのですが、カメラにハマるとどうしても花だの景色だのと自然や街並みを撮りたくなるのですよ。

それに今までやらなかったような趣味を持つのは脳やメンタルの部分でもきっとアンチエイジングになるはず。
年齢が上がるとどうしても色んな事に興味が薄れ、フットワークは重くなり・・・で世間がどんどん小さく狭くなってしまうのでそれだけは避けねば!
興味あることにはどんどんチャレンジしていきたいのです、色んな事も学びたい!

写真と言う趣味はまずカメラについて色々勉強するので、脳ミソに新しい刺激になるし、こういったブログで使用するオリジナルの画像が豊富に作れるのがまた楽しい!

ただ、紫外線が問題です・・・うーーん、予防線としてガッツリ日焼け止めを塗っても、絶対ダメージはあるのでその後のケアですよね。
美白モノは効果が分かりにくいからなぁ~。。。

多分、年齢考えたら、この↓オルビスの美白のシリーズくらいでは焼け石に水のような気がする。

何か良いアイテムはないだろうか。。。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする