ファンデーションの色選びが難しい

ファンデーションは薄づきナチュラルが良い

前回の記事でチラっと書いたエレガンスのファンデーション、シュアモイスト スキン、これって販売終了になっちゃったんですね。エレガンスのファンデーションは、私の好きな薄づきでナチュラルなツヤ肌タイプはわりと終わっちゃうのが早い気がします。気のせいかしら。

向かって左がエレガンスのファンデーション、シュアモイスト スキン、
右が下地、リフティングカラーベース 色番PK100、その名の如くピンク系ですが、色が出るというよりトーンを明るめにしてくれます。

カバー力のあるファンデは肌のアラを隠してくれて一時的には肌を綺麗に見せてくれるのでしょうが、崩れていく時にその隠していたアラをさらに強調して露呈する傾向があるからなぁ。。。

私自身はカバー力のあるファンデは使わないので周りの使ってる方を見ていての感想ですが。加齢とともにお肌の劣化はある程度は止むをえないので、それをカバーしたい気持ちをわかるけど、これは結構逆効果だと思うのでファンデに頼らない肌コンディションのキープが大事、といつも自分に言い聞かせております。
とは言いつつも生来のスイーツ好きと炭水化物好きのおかげで肌糖化進行中です、何とかしなければ。


憎っくき肌糖化

この肌糖化のおかげで私のファンデーションの色選び、ちょっと面倒臭いことになっています。私は生まれつき色白(母も祖父母も弟も色白なので家系もあると思いますが)で若い頃、お金が無かったせいもあり海や山といったお金のかかるレジャーにも無縁だったので色白をずっとキープしていました。

今も色白ではあるのですが、肌糖化のせい(だと思う)で黄味を帯びてきてしまったのですよ、(–,)ぐすん。若い頃の写真を見るとちょっと暗いとこで撮ったような写真だと私の顔だけ浮いてるような白さです。この頃はどこに行っても肌を褒められた・・・
化粧品と全く関係ない買い物してる時でもなぜか「肌、めちゃくちゃ綺麗ですね」と言われたものでした、もうその声を聞かなくなってどれほど経つだろう・・・(遠い目)

もう一度、以前の透明感のある白い肌に戻りたーい!と言うわけでスキンケアやUVケアは色々試すとして、当面問題なのがファンデの色選び!

以前は深く考えず一番明るい色を選んでおけばまぁ問題なかったのですが、最近はそれだと顔の色が浮く浮く。。。一番明るい色より1段階くらい暗い色が良いのですが、この辺りの色でピッタリ合うのが無いのです。

数年前、カバーマークのジャスミーカラー エッセンスファンデーションを買った時はあれだけ色番があるにもかかわらず、私にピッタリ合うのがなかったので2色をブレンドして使うってことで2つ買うはめになったことがあります。このファンデって自分に合った色味が選べるのが最大の売りなのに、私にはあまり意味なかった。
店頭でお店の人も時間をかけて色々試してくれてたので、私の肌色がやっぱり難しいのだと思います。

エレガンスのファンデーションもクオリティは高いのですが、色展開が少なめでやっぱり合うのがないのです、コントロールカラーやフェイスパウダーで帳尻を合わせるのですが、ファンデの色が正しく自分に合うと、首の色や手を顔近くに持って行った時に自然で、違和感なく肌のキレイを強調できるし夕方以降のメイク崩れの際にもくすみが出なくて良いんですけどね〜。。。

エレガンスのラ プードル オートニュアンス リクスィーズ(舌、噛みそ)、これを仕上げに顔に一塗りすると、くすみをごまかせます。
ただ、これ税抜15、000円と結構なお値段(´_` )トホホ~

ほんっとファンデの色選びって大事・・・妥協できない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする