泡洗顔の進化形、モチモチ、ネバネバのモッチスキンは毛穴汚れを強力に吸着

MOCCHI SKIN(モッチスキン)とは

洗顔を秋冬ものに・・・つまり、夏場のように皮脂汚れなどの洗浄力メインのものから潤いを残してくれるタイプにそろそろ変えなきゃ、ってことでまたアットコスメをチェックしたり、色んなブログを見たり・・・

面白そうだとおもったのがジェイ・ウォーカーというところから出ているMOCCHI SKIN (モッチスキン)ってやつ。

これ↓です。

この洗顔、何が面白いって、こんな感じにビョ~んっと伸びるのですよ。

アットコスメでは既に知られていたらしい

アットコスメではかなり話題で発売されて一年足らずにもかかわらず口コミ件数は508件、7点満点中5.5という高評価。

これってそんなに有名でした?知らなかった私は情弱。

で、さっそくオーダーしてみる。
意外にデカい箱で届く。

入っていたのはこちら↓のみ。
不要なカタログ類がワンサカ入ってないのは嬉しい限りだけど、なんかひとつくらいサンプルくれても良いじゃん (  ̄っ ̄)ムゥ、と思う。

ただ、この会社(ジェイ・ウォーカー)ってあまり商品は多くないみたいだけど。

そして、ここ三日ほどこの洗顔を使っております。

新感覚の泡洗顔、まぁ、泡が伸びること・・・

まず、気になっていたあの伸び~る感じはモッチスキンのサイトにある画像のように極端には伸びないまでも確かに従来の泡洗顔とは違う。

伸びる、というより粘る感じ。
トルコアイスみたい。

肌に乗せた時の肌への吸着感がハンパなくて確かにこれは汚れを吸着して絡め取ってくれそう。

正しい使い方

一回の使用量はピンポン玉1個分、このくらい↓?
*ちなみにこのように下に向けて使ってはいけないのだそうです。
ガスが抜けてしまうから。

必ずよーく振って、水平にしてから使うのが正しい使い方。

こちらの動画に正しい使い方が載っています。

洗浄力と洗い上がり

肝心の洗い心地は、これまた新感覚。

泡が濃密で弾力のある粘度の高い泡なので顔の上でクルクルするだけなんですが、これが気持ち良い~\(o⌒∇⌒o)/

確かに汚れは落ちそう・・・だけど、これヌルつかないか?という一抹の不安も。

すすぎはいつもより少し丁寧にやった方が良さそうです。

そうすると、洗い上がりは意外なくらいヌルつきもなくスッキリします。

保湿成分として

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • バオバブオイル
  • アルガンオイル
  • クレイ
  • はちみつ
  • 酵素

が配合されているので乾燥肌の私でもお肌が突っ張ることもありません。

一回の使用がピンポン玉1個として、これ↓1本(1800円)で約60回分。
一回分が約30円、とコスパもまぁ悪くない。

特別ケア、として蒸しタオルで毛穴をしっかり広げて、ピンポン玉2~3個分のたっぷりの泡で洗顔、というのもアリだそうです。

スチーマーを使ってやってみたいと思います。

koko

無香料で低刺激なのもうれぴ!♪
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

モッチスキン公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする