白髪のギモン、意外と知らない白髪の常識、スッキリの特集が面白かった

アンチエイジングは肌より髪の方が難しい、と最近つくづく感じます。

目下の悩みは日々減る一方の髪のボリューム、そして、日々増える一方の白髪・・・

昨日、日テレの朝の情報番組「スッキリ」で白髪の特集をしていて、これがかなりわかりやすかったのでまとめてみると・・・

なぜ白髪になる?

髪はできたばかりはまだ白いのだそう・・・

それが毛根部分のメラノサイトによってメラニン色素が作られ、それが髪に浸透することで黒くなります。

で、このメラノサイトでメラニン色素を作るためには「チロシナーゼ」という酵素が絶対必要。

で、この「チロシナーゼ」という酵素が年を取ると量が作れなくなったり機能が低下することによってメラニン色素の量が減って髪が白くなる・・・

これが一番大きな原因と言われてるそうです。

メラニン色素の量をどう増やすか?が白髪予防の鍵

加齢と共に減っていく髪のメラニン色素をどうやって増やすか、これが白髪予防で重要!

ここでクイズっす!

この中でメラニン色素を作るのに約立つのは?

私は、以前に西川史子センセーが「髪の毛はタンパク質」と言っていたので、てっきりCの牛乳かと思い。

友人はAの黒ゴマって言ってました。

で、正解はBのワカメ。

あまりにフツー過ぎる正解・・・
でも髪にワカメが良いってのはやっぱ本当だったんですね。

ワカメなどの海藻類にはメラニン色素を作り出すヨードという成分が含まれているそうです。
それで白髪を黒くするための成分がたくさんできあがる、なのでワカメは白髪予防に効果的だそうです。

よくワカメは薄毛対策に効果的ってのは聞いたことありますが白髪のほうだったんですね・・・

ヨードか・・・

ヨード卵光ってのはダメ?

白髪を抜くと増えるはホント?

白髪は抜いても増えません!

ただし、無理やり髪を抜いてしまうと毛根を痛めることになって頭皮の環境が悪くなる恐れがあります。
なので、無理に抜かない方ががおススメ。

頭皮の環境が悪くなると薄毛の要因にもなるそうです・・・

by マブチメディカルクリニック
馬渕知子院長

白髪が出やすい場所とそうでない場所があるのはなぜ?

これは色々研究はされてるようですがまだまだはっきりとはわかってなくて色々な説があるそうです。
中でも有力な説が血流による影響

血液がしっかり流れる場所は髪の毛もしっかり生えてくるし、髪の毛の色も黒くなる

一方、血液がしっかり流れない場所は髪が抜けやすかったり、白髪になりやすかったりする

ということで、血流が一番大きな原因ではないか、と言われているそうです。

血流が滞ると白髪になる可能性大!

頭皮の血流簡単チェック法

頭皮の血流が良いか悪いかをチェックするのは意外と簡単で、

1.このように↓両手の指の腹を頭皮にあてて、

2.頭皮をつかむようにして痛くない程度に前後に動かす

イメージとしては「かつらだよ~」、とおどけてみせるあの仕種ですね。

で、この時頭皮の動きが悪い人は血流が滞ってる可能性があるのだそうです。

ほ~、どれどれ、さっそくやってみるべ・・・

とやってみたら、私、全然動かね~!!!

「痛くない程度に動かす」くらいじゃビクともしねー。。。

まさしく動かざること山の如し・・・
あんまり、動かないもんだから強く力を入れ過ぎてしばらくアタマが痛くなってしまった。

うーん、軽くショック・・・こりゃ白髪も増えて髪も少なくなるわけだわぁ・・・

改善のための頭皮マッサージはカンタン

あまりの頭皮の硬さにショックを受けたもののこの頭皮の血流チェックはそのまま頭皮マッサージになるのでこれを繰り返すことで頭皮の血流の改善が期待できるそうです。

良かった~!!

カンタンだし、いつでもできるし。
シャンプー後は絶対にやろう、入浴後だし身体全体血流が良くなってる時だよね。

そうそう、このマッサージのときに今まで買いだめた育毛エッセンスを有効利用しよう!

最近使って、少なからず効果アリ、と思われた育毛エッセンス達。
左から、ラ・シオンヌの薬用スカルプエッセンス、サラヴィオのM1、一番右がuruotte(うるおって)のハーバルエッセンス

この中で使用感が一番良いのはuruotte(うるおって)のハーバルエッセンス

使用感と効果って比例するのかどうかわかんなかったけど、血流が良くなれば気持ち良くなるわけだから「使用感が良い」というのはけっこう大きい要素かも。

なんたってuruotte(うるおって)は道端ジェシカご愛用。

みなさん、こんにちは!道端ジェシカです! これから私の大好きな物や、旅、普段を生活を通して、お気に入りを皆さんにご紹介出来たらなと思います。 どうぞよろしくお願いします! 早速今日は、今私のお気に入りのヘアケアプロダクトをご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする