美肌のためには夜12時前には寝ないといけない?

「世界一受けたい授業」でさっき、

春は肌が危険! 肌トラブルと対策教えます!

という特集をやっていて思わず見入ってしまった。

日テレ「世界一受けたい授業」公式サイトです。

先生は澤田 彰史先生 という美容外科手術・若返り手術・レーザー治療から、やけど・ニキビ治療、皮膚がんの手術、床ずれの治療、寝たきり老人の訪問診療に至るまで
幅広く医療に従事されてる44歳の男性医師。

この手の内容だとだいたい、出てくるのはちょっと派手な女医(ホントに医師免許持ってる?)なのでこういう澤田 彰史医師のような方が出てくるのはある意味珍しい。

で、この澤田 彰史医師がとても美肌なんですよ。

それもとーっても自然な美肌。

そのせいか、とても若く見えるのですがそれも自然な感じ。

高須クリニックのドクターのような人工感は全く無くて、オッサン臭さもない。
堅実なイケメンといったところ。

44歳の男性で肌がキレイってあんまりないと思うのですが、司会の上田晋也が
「先生はお肌がとてもキレイですが、お肌のために何か気をつけてることあるんですか?」

と訊いたところ、

夜12時までには絶対寝る

澤田 彰史医師によると肌を回復する物質はこの時間帯にしか分泌されないとのこと。

確かによく夜の10時から深夜2時は美肌のコールデンタイムとか言われたもんですが、最近は寝る時間帯はあまり関係無い説も出て来てますよね。

うーん、どっちなんだろ?

個人的にはある程度の年齢以降は時間帯によって睡眠の質が変わってくるように思う。

私も昔は明け方寝て昼過ぎに起きてもあまり肌の調子は変わらなかったのですが、最近はそれやると毛穴が妙に目立つ・・・ような気がする。

あと、同じ睡眠時間寝ても寝足りない感じがして。

睡眠が肌に重要なのは言うまでもないけど、やっぱり時間帯も影響するんじゃないかと思うけど。

澤田 彰史医師が美肌なだけによけい説得力あるんだよね。

私も12時前に寝るようにしようかな・・・ってもうすぐ12時だけどお風呂にもまだ入ってない・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする