ヘナ(Henna)で白髪染め 2

ナイアードのヘナ(Henna)

ヘナ(Henna)はいくつかのメーカーから出ていますが、私が気に入っているのはガスールパックでお馴染みのナイアードのものです。ロフトやハンズで売られている他のメーカーのものやネットで売られているインドからの輸入品の物も試したのですが、ナイアードのヘナが一番バランスが取れている、というか匂いもまぁ許容範囲で仕上がりもいい感じなのでここ1年くらいはずっとナイアードのヘナです。

ナイアードのヘナ(Henna)にも3種類あり、

1.1番ベーシックな:ヘナ100%
2.これにトリートメント効果とハーブがプラスされた:ヘナ+10種のハーブ
3.黒く仕上げるための:ヘナ+木藍

現在使用しているのはヘナ+10種のハーブとヘナ+木藍。

値段もそれぞれ違います、手前の箱が100g入り、
後ろの袋がお徳用の100g×4袋入り

ヘナ+10種のハーブ

100g ¥1,200+税
400g(100g×4袋)¥3,600+税

ヘナ+木藍

100g ¥1,500+税
400g(100g×4袋)¥4,500+税

ヘナ100%も悪くないのですが、少しきしむ感じで髪がパサパサします。

ヘナ+10種のハーブを使うと白髪の部分がオレンジ色になります、白髪が少ない場合はこれだけでもうまく他の髪の毛と混じって赤褐色みたいな感じでおさまるのですが、ある程度白髪が増えてしまってる場合はヘナ+木藍も使った方が良いと思います。

ヘナ+木藍はオレンジになった部分に黒く色が入りますので、白髪が多くてオレンジの部分が多い人はこれでほぼほぼ黒髪の状態になります。

ヘナ+木藍はちょっとクセがあり、塗った後の放置時間を長く置きすぎると(一時間以上)とオレンジ色になってしまったり、個人的には寒いと黒の入りが悪いみたいです。なので、時間と室温にちょっと気を使います。

ヘナ+10種のハーブの方は塗ったまま2時間くらい放置しちゃいます、こちらはある程度時間を置いた方が良いみたいです。

週末の今日はヘナ染めをセルフでやるつもりだったのですが、今日の東京地方はとても寒く、少しノドが痛いので今日はやめておきます。2週間前に染めてまだそんなに目立ってないし。。。

寒い日はヘナの入りが悪い上に、ヘナは身体を冷やすのでその点は要注意です。