冬のスキンケアは攻め!!

いやぁ、今日の東京地方は風が強く寒い一日でした。外に出ると風と乾燥で肌への厳しい試練の季節真っ最中。

とはいえ、この時期のスキンケアって楽しくないですか?

夏場に比べ冬はスキンケア、色々できるじゃないですか。

スチーム使ったり、重たいクリームを使ったり、泡パックなども夏場だと溶けて垂れてしまうけどこの時期はしっかり顔にとどまって密着してくれる。夏場は寝る前にお高いクリーム塗っても寝てる間に汗で流れちゃう気がするし。 まぁ、クリームは一回顔に塗れば、成分が入っていくのでその後溶けて落ちても効果は変わらない、という説もありますが。 いずれにしろ夏は使うアイテムが限られてくる上に重たいテクスチャのものは使えないので、少ないアイテムで勝負しなければならない。

大好きなこの↓↓スチームも夏場はちょっと蒸し暑い・・・

スキンケアって重たいテクスチャの方が効く感じがするのは何ででしょうかね、いくらは効果は同じ、と言われてもどうも重たいドロっとしたローションとか固めのクリームの方が効果が高いように思えるのですが。

よく、重たい布団の方が軽い布団より暖かく感じる、っていうのと一緒かな、しかし、この発想古いよね、昭和丸出しですな。今は軽くて暖かい布団、いくらでもあるし。

そんなこんなで夏のスキンケアはどうしても「紫外線対策」のみに集中しがちです。

でも、これって守る、しかできないですよね、防戦一方というか、ディフェンスのみ、というか。攻めのスキンケアで効果を感じた時の達成感のようなものは感じられない。

他に夏場のスキンケアといえば美白ですが、これはすぐに効果を感じられるものではない。

オルビスの美白モノセットで・・・即効性はありませんね。

冬のスキンケアはもっとこう、リアルタイムで効果が感じられたり、色々なアイテムが試せるし、寝る前にどれだけ塗っても汗で流れて落ちることはないし・・・美肌作りにはもってこいのシーズンだと思います。

冬のケアはとにかく保湿ですが、少し顔を触って乾燥してるな、と思ったらすぐにクリーム塗って対策できるし、ケアの際にはスチーマーが使える。

私はスチーマーを使ってケアをするのが好きなのですが、夏場は蒸し暑くて使えない。スチーマーがあるとないとでは後のモチモチ感が違ってくるのでなるべく使いたいのですが。

シートパックも冬場の方が使用感が好きです、夏場はシートを顔に乗せた瞬間は冷たくて気持ち良いけどすぐに生ぬるくなるし。

その場その場で色んなアイテムを使って臨機応変に対応できる冬場のスキンケアに比べて夏はお肌がダメージ受けやすい上に効果の出やすいケアが無いのが残念です。

これからの季節一層寒くなりますが、攻めのスキンケアを楽しみます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする