岸恵子、80歳を超えて何でこんなに若いの?

婆さん感ゼロの女

「サワコの朝」という土曜の朝7時半からやっているトーク番組で去年の6月頃、岸恵子がゲストで出ていた。相も変わらず、浮世離れ、というかおフランスかぶれというか、昔のまま・・・昭和世代にしかわからないだろうけど「赤い疑惑」の頃のパリのおば様のままだった。
話し方といい、物腰といい本当にエレガント、という言葉がピッタリ。
その時確か82歳だったけど、一般の82歳と激しく違い過ぎ。

今まで、私の中でクィーンオブ年取っても若い日本女性 No.1は今は亡き森光子だったけど岸恵子、軽く森光子を超えたな。

森光子は80代の時でも確かに若くて可愛い感じは合ったけど、お婆さん感が無い事もなかった、これは彼女が演じる役柄がわりと理想の母親が多かったせいもあると思うけど。あと、いつも地味目な着物だったし(多分、超高価な高級品なのだろうけど)。

それに比べると岸恵子はお婆さん感はゼロに近いと思う。少なくとも人前では。この人の洋服やメイク、アクセサリ、髪型からも、立ち居振る舞いからもお婆さん感は漂ってこない。

孫の話をしている時ですらお婆さん感が無いからほんっと大したもんだと思う。

こちらは2016年徹子の部屋出演時


「サワコの朝」の中で孫息子に会う時に、少しでもキレイと思われたいからオシャレをする、と語っていた時、恋人にキレイに思われたい女性と同じ熱さを感じ、微笑ましいと思う反面、底知れぬエネルギーにちょっと引く、でも尊敬するけど。

キレイを保つ、というのは相当エネルギーがいるし、節制や自己管理も大切だ、年を取ってくるとそんなエネルギーも無くなるし、楽しみも減って来るので自分に甘くなってしまう。
結果、加齢に伴いただでさえ劣化する外見がさらに拍車をかけて劣化してしまう。
それに若い頃であれば、少し手入れをすればすぐに効果が見えたのが年を取るとちょっとやそっと手入れをしたとこで焼け石に水、劣化はどんどん進む。現状維持できてればまだマシ。

そんなこんなで年を取ると人間、どうしても見た目に対してルーズになりがちだけど、この人はそういうのが無いんじゃないかとさえ思う。

この人、同窓会とか行ったら浮くだろうなぁ。。。

ウチの母はこの人より5つほど若いけど、まぁ、見事に老けてますわ。
見た目に関してはベースが違うからしょうがないにしても、岸恵子って話し方や話の内容も楽しくて興味深く、年配の女性にありがちな「ナニ言ってんのかよくわかんない」感や地名や人名を思い出せずにやたらアレとかソレ、コレなどの指示代名詞ばかりで話したりすることもない。

「君の名は」と言えばこっちだよね、これが若い頃の岸恵子です。
やっぱりエレガント(。-_-。)ポッ

女性としても人としても現役感がはんぱないっすけど。うーーん、目が離せない。
あと、この人って基礎化粧品はどこを使ってるんだろ?やっぱりおフランスのものかしら?
日本製の方が良いものいっぱいありそうな気がするけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする