コスメカウンター、怖いと感じるのはなぜ?

デパートのコスメカウンターを敬遠しはじめたきっかけ

もともとデパートコスメが大好きだった私がここ2~3年はネットに以降してきた原因は何と言ってもデパートのコスメカウンターでの攻防に疲れたから・・・

うーん、馴染みのスタッフさんがいてその方が対応してくださる場合は良いのですけど。

あまり行かないブランドとかだとお店の方とのコミュニケーションが取りづらい・・・

まぁ、私がメンドーくさいヤツなのかもしれませんが。

コスメブランドによりスタッフさんの質が違う

一概にコスメカウンター、といってもブランドによりだいぶスタッフさん(BAさんって言いますよね)の対応・雰囲気は全然違います。

高額コスメのスタッフさんの方が対応が良いに決まってますわな、そりゃ。

私の大好きなアルビオンは比較的お手頃なシリーズから高額なエクシアまで値段の幅が広いせいか、スタッフさんの質も同様に幅広い・・・(^_^;)

エクシアと言えばこの乳液↓

なので、当たりハズレが大きいんですよ。

同様の理由でコスメデコルテも当たりハズレあるな・・・

個人的には
当たり 3:ハズレ7

くらいの割合じゃないかと思う。

店員さんが美人だと緊張する

当たり、というのはこちらの要望をよ~く聞いてくれて、それに合わせた商品を薦めてくれてこちらにとって必要のない商品と思えば、

「今、使ってるものをもう少しお使いになってからで良いと思います」

とアドバイスしてくれるスタッフさん。

これはほんっとカズ少ないですけどね。

これを言ってくださる方にはほぼ全幅の信頼を置きますので、新製品を奨められたらとりあえず一度は買います。

あと、クレ・ド・ポーボーテ のスタッフさんも丁寧な方が多いのですが、

こちらはどうも売り感が強い。

断ってもあからさまに態度に出したりするようなことはありませんが、うーーん、断りづらいんだよね、ここのスタッフさん、丁寧だし、お品が良すぎて・・・

あと、キレイな人多いし。←これ、ちょっと緊張するんだよね。

引け目感じちゃうっつうか・・・(^_^;)

RMKやトムフォードの店員さんが神対応だった話は以前にも書いたのですが、

前回、前々回のブログで私、妙に高島屋を推しちゃってますが、それはやっぱり売り場が広いせいと他のデパートと比べるとポイントがお得な事だ...
最近の私のブログ、高島屋と伊勢丹の礼賛記事ばっかでイケセイ(池袋西武)をスルーしちゃってますね。 別に池袋西武の化粧品売り場が...

こういった、コスメ的ハイブランドなとこはそうでない店員さんもかなりいませんが、良い店員さんに当たると感動的なまでに神対応です。

あと、メイクが上手ね。

コスメカウンターでのフルメイクが怖い?

そう、コスメカウンターといえば、ここでフルメイクをしてもらう幸運というか不運に見舞われる方も多いと思いますが、これが中々のクセ者なんですよね~・・・

フルメイクしてもらうつもりでスッピンでいったら;

・カウンターが混んでてやってもらえなかった。

・フルメイクはしてもらったけどスッピンの方がはるかにマシなデキだった。
(これ、あるんだよなぁ・・・結構ブランドのBAさんにもいる!)

・フルメイクしてもらって、すごく綺麗になり全く同じ商品を買って帰ったのに自分メイクしたら同じ仕上がりにならない。

これくらいの腕の良いBAさんは少ないです。

あと、そのメイク品に使い方のコツがある場合、多し。

ルナソルのこのアイシャドウなんてお店の方にやってもらったときと自分でメイクした時では目の大きさ、1.25倍くらい違ったもん。

・コスメカウンターでフルメイクの途中 -前髪あげて、ケープかけて、目つぶって口とんがらせてる時ね-知り合いと遭遇してしまった。

これはデパートと言う性質上、しょうがないけど、新宿高島屋は1階がほとんど女性向け商品だし、わりとそのヘンは考慮されてる作りになってますよね。

老舗デパートでも新宿伊勢丹の方はあいにく、フルメイクしてもらってる真っ最中に知り合いのご夫婦にばったり遭遇・・・みたいなシチュエーションがあるコスメ売り場の配置です。

あと、あんまり広くないんですよね、1店舗の面積が。

そう言った色んな理由を考慮してその中でも一番、入りづらいというか、敷居が高いというよりもっと怖いと感じるブランドは?(続く)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする